交通事故被害の示談

交通事故被害者は何も車を運転している方しかならない物ではありません。自転車に乗っていた時に追突されてしまったり、歩いていてぶつけられるなどの被害を受ける場合もあります。基本的に車対車や車対バイクのような場合には、入っている保険の示談事故担当者との対応になるとは思いますが、示談事故担当者がいないような場合や、こちらが車やバイクに乗っていないような状況の場合には、自分で示談交渉を行う必要があります。

そもそも示談交渉とは、事故の加害者と被害者が話し合い、お互い歩み寄って問題を解決する事で、これを和解といいます。和解には、交通事故被害者が破損してしまった車であったり、怪我をしてしまった分の治療費などの支払いがあったり、慰謝料なども合わせて請求する事もあり、とても面倒な話し合いになる事は間違いありません。

そのため、多くの方が弁護士に依頼して代りに示談交渉をしてもらうのですが、弁護士によって、受け取れる慰謝料の金額が大きく変わってきてしまいますので、依頼した自分自身も全くの無知でいてはいけないのだと思います。そこでこちらのページでは、交通事故の被害に遭われた方のために、示談を行う際にしっかりと知っておいて欲しい内容をまとめました。確かに法律やお金がかかる分野になりますので、専門的な知識が必要な分野でもありますが、なるべくわかりやすくまとめてみましたので、まずはこちらのページに書かれている事をチェックして頂き、交通事故被害の示談についての最低限の知識を身に付けてください。